餃子王国

餃子王国

寒い冬に食べたい餃子のアレンジ料理

アツアツの焼き餃子とビールは最高の組み合わせ。でも、餃子をもっと美味しくヘルシーに食べるアレンジが沢山あります。餃子は日本だけで食べられている料理ではありません。中国、韓国、ロシアなど、環日本海やアジア諸国でもおなじみで、その国独特の味付けや食べ方があります。普通の餃子をちょっとアレンジして味わってみましょう。中国や韓国では、スープに入れて食べるのが一般的です。沢山の野菜やお肉、キムチなどをベースにスープを作り、その中にギョウザを入れてひと煮たちさせます。アツアツのギョウザ鍋は、冬にぴったりで身体が温まるのでおススメ。また、揚げギョウザは、小腹がすいたときにつまめるおやつにぴったりです。ギョウザの皮の中に、リンゴや梨などのフルーツ、または昨日の残りもののおかずや、カレーなど、お好みの具材を入れ、パン粉を付けてカラッと揚げます。ギョウザの皮とは思えないサクサク感と香ばしさが口の中に広がります。ギョウザは、アイディア次第で様々な味が楽しめます。

余った餃子の皮でアレンジ料理

お家で餃子を手作りした時、餃子の皮が余ってしまったことはありませんか?
その余った皮で、簡単アレンジ料理を作る方法がたくさんあります。
一番簡単で手間のかからないアレンジ料理として、皮をピザ生地に見立てたミニピザがおすすめです。ピザソースを塗り、お好きな具をのせます。仕上げにチーズをたっぷりと散らし、トースターでチーズが溶けてやや焦げ目が付くまで焼けば出来上がりです。ミニサイズなのでおつまみにもぴったりですし、小さなお子さんでも食べやすいピザです。薄い皮のパリッとした食感がたまりませんよ。
また、餃子の皮はスイーツとしても大活躍します。皮を2枚用意し、まず1枚目の皮の上にりんごの甘煮をのせて、お好みでシナモンを振り掛けます。その上から2枚目の皮をかぶせ、皮と皮の境目をフォークでしっかりと押さえて糊付けします。トースターでこんがりと焼き色が付くまで焼けば、簡単アップルパイの完成です。もちろんオーブンでも作れますが、トースターの方が簡単にできるのでおすすめです。
まだまだアレンジ方法はたくさんあります。余った餃子の皮が美味しく大変身するアレンジレシピ、どんどん試してみましょう。


pickup

犬がご飯を食べない時とは

Last update:2017/10/19