餃子王国

餃子王国

意外と知らない餃子の歴史とは

餃子と言えば中華料理店にて当たり前の様にメニューに載ってる品としての認識があり、更には家庭でも大人から子供までが食べる、私達にとって身近なものの一つです。
しかし、その歴史などについてはあまり知られていません。
ここでは、そんな餃子の歴史について解説していきます。
一般的に餃子は中国で誕生したものだと言われていますが、これには諸説あります。
中国では、紀元前600年あたりから食べられていたと伝えられていますが、その一方で、これによく似た食べ物が古代メソポタミア文明の遺跡から発見されており、時間を遡ると紀元前3000年あたりから既に食べられていたという事になります。
そう考えると、それが後に中国へと伝わったのだという経緯が見えてきます。
そして日本において食べられる様になったのは、昭和に入ってからという割と歴史の浅い食べ物です。 中国に渡航していた日本人が、当時現地にて食べていたそれを栃木県宇都宮市へ伝えた事から広まりました。
中国では水で茹でたものをメインで食べ、余りものを焼いて翌日に食べるといった調理法ですが、日本では生の状態で直接火にかけ、焼いてしまうといった方法がメインとなりました。
また地域によっても個性があるのも特徴で、より日本人に合った形で広まっていったと言えます。

餃子は美味しく健康的

日々の食事は何を作ろうか、食べたいものだけ食べてしまおうか、と思いながらも美容やダイエットのことも頭から離れないものです。いろんな料理がありますが、餃子はいろんな食材を使って作られていますので、健康に気を使う人にも意外とぴったりなメニューだったりします。
それはなぜかと言うと、皮の部分は小麦粉ですから炭水化物が摂れます。そして中に入れる具によっても栄養価は変わりますが、野菜も肉もたっぷり入りますから、タンパク質やミネラル、ビタミンにミネラルなども適度に程よくバランスが取れているのが特徴です。食べていれば分かりますが、満腹感も得られるのでその点でも嬉しい料理です。
カロリーに関しては、高い方から揚げ、焼き、水タイプとなりますので、ダイエットも考えているならどれを食べるか考えていくといいでしょう。もちろんメインに餃子を据えたら、他にもつけあわせとして野菜や味噌汁などの汁物を添えても構いません。よく利用されるニラとニンニクには殺菌効果のアリシンがありますが、豚肉のビタミンBの吸収をよくしてくれますので効率的なのです。自分で作れば具も調節できますので、バランスの良い一品を作って美味しく食べて下さい。

check

リゾートバイト
http://www.e-goodfellows.com/
iphone修理 埼玉
http://iphone-station.com/donkihasuda
賃貸事務所 東京
http://www.zero-office.biz/
釣具 買取価格
http://www.suzuki-ya.jp/
パワーストーン ブレスレット
http://www.iwish-stone.com/
宮古島のダイビング
http://miyakojimasensui.net/
話し相手サービスはこちら
http://hanashimasshi.com/
留袖 レンタル
https://www.kyoto-isyo-rental.com/

最終更新日:2016/11/16